こくほ随想とは

弊社より毎月1回、全国の国保連合会に向け、季刊誌等にフリーで使用できる記事としてご提供しています。国民健康保険をご専門となさっている先生に1年間、全12回、国保の現状や先生のお考えを執筆していただいております。

<プロフィール>

中村 秀一

宮島 俊彦
TOSHIHIKO MIYAJIMA
岡山大学客員教授
兵庫県立大学大学院
経営研究科客員教授
介護経営学会理事
前内閣官房社会保障改革担当室長

生年月日 昭和28年1月8日
出身地 神奈川県

【学歴】

昭和52年3月 東京大学教養学部教養学科卒業

【職歴・研究歴】

昭和52年4月 厚生省入省
平成元年4月 山形県生活福祉部社会課長
平成10年7月 厚生省大臣官房組織再編準備室長
平成13年1月 厚生労働省保険局国民健康保険課長
平成15年7月 厚生労働省大臣官房人事課長
平成16年8月 厚生労働省大臣官房会計課長
平成17年9月 厚生労働省大臣官房審議官
(保険・医政担当)
平成18年9月 厚生労働省大臣官房総括審議官
平成20年7月 厚生労働省老健局長
平成24年9月 厚生労働省退職

【著書】

『地域包括ケアの展望』 宮島俊彦著 社会保険研究所 2013・3

Page Top▲