気になる症状Q&A

これって病気?どう治す よく起こる不快な症状や、ちょっと気になるからだのこと、毎日を元気に過ごすための対処法を紹介します。

夕方になると両足がパンパンにむくむ
この頃、夕方になると両足がパンパンにむくむようになり、
仕事の帰り道は、靴がきつくなって歩けなくなるほどです。
翌朝には治まっているのですが、水分のとり過ぎでしょうか。
(28歳・女性)

夜眠ると改善するむくみは一過性なので心配ないのですが、
両足のむくみが続く場合は、心臓や腎臓などの病気の可能性が、
片足だけがむくむ場合は、下肢静脈瘤(りゅう)などの可能性があります。
普段から、むくみの予防・改善を心がけましょう。

 心臓から送られる血液は、動脈を通って細胞に栄養や酸素などを届けてから、水分や老廃物などを回収し、静脈を通って心臓に戻ってきます。
 立ち仕事やデスクワークなどで同じ姿勢を続けたり、運動不足や過度なダイエットで筋力が弱っていたりすると、ふくらはぎの静脈のポンプ作用がうまく働かないため、余分な水分や老廃物が下半身の細胞組織にたまってしまいます。むくみの多くは、こうした血行不良が原因です。
 特に暑い夏は、汗をかきたくないので、運動不足になりやすいもの。その上、エアコンで体が冷えるので血液の循環が悪くなりやすいのです。
 また、水分は、とり過ぎても控え過ぎても、血液中の水分濃度のバランスが乱れ、むくみの原因になるので適度な水分補給を。
 下記を参考に、普段から、むくみを解消する生活習慣を身に付けましょう。
 ただし、両方の足のむくみが何日も続き、息切れなどの症状が伴う場合は、心臓や腎臓、肺、肝臓、甲状腺などの病気が隠れている可能性があります。片足だけがむくむ場合は、下肢静脈瘤やエコノミークラス症候群(足の静脈にできた血栓が移動して肺の血管に詰まる)の原因となる深部静脈血栓症などの可能性があります。一度、専門医を受診し原因を調べるとよいでしょう。

むくみを解消する生活習慣

回答者:末石通暁 品川ハートメディカルクリニック 院長

閉じる