気になる症状Q&A

これって病気?どう治す よく起こる不快な症状や、ちょっと気になるからだのこと、毎日を元気に過ごすための対処法を紹介します。

朝、起きると、すぐに鼻水やくしゃみが出て、止まりません
朝、起きると、すぐに鼻水やくしゃみが出て
しばらくの間、止まりません。
花粉症ではないし、熱もないのですが、
つらくて仕方ありません。
(42歳・男性)

起床時に鼻水やくしゃみが発作的に起こる
症状をモーニングアタックといいます。
自律神経の乱れが原因とされているので、
起床時に自律神経のバランスを整える工夫を。

 睡眠中は、自律神経のうちの副交感神経が優位に働き、目覚めて活動するにつれ交感神経が優位に働き出します。日中は、交感神経の働きにより血管が収縮するので、鼻水やくしゃみ、鼻づまりが抑えられますが、 起床後すぐは副交感神経との切り替えがうまくいかず、鼻水やくしゃみなどの症状を抑えることができなくなる場合があります。
 朝起きてから2時間くらい、鼻水やくしゃみが続くのは、この自律神経のバランスの乱れによる、モーニングアタックと呼ばれる症状が起きていると考えられます。
 また、寝ている間や起きた直後に、枕や布団など寝具についたホコリやダニ、花粉などを吸い込むことも原因の一つです。布団を干したり、掃除機をかけたりするなど、こまめに寝具を清掃するようにしてください。
 室内の乾燥を防ぐことも大切ですが、湿気が多いとダニが増えるので、加湿器は寝具から離れた場所に置くとよいでしょう。
 そのほか、日光を浴びると体内時計がリセットされて自律神経のバランスが整うので、起床後は早めに日光を浴びることも効果的です。

回答者:三枝華子 溝の口駅前睡眠クリニック 院長

閉じる